グローバル化が進む昨今、英語を使う機会はますます増えてきています。英語を使う機会があるのは、ビジネスマンや学生だけではありません。今日では、主婦やバイトの方にまで英語力を求められる機会が沢山あります。実際、筆者は学生時代の接客バイトで英語を話すことを求められる機会が沢山ありました。そんな中、英語を学ぶために英会話スクールに通いたい!という方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は英会話スクールとして有名なシェーン英会話の無料体験レッスン談を紹介します。また、シェーン英会話の学習システムや特徴、口コミも紹介しますよ。

シェーン英会話とは

シェーン英会話スクールとは月謝制・回数制の安心な授業料制度が特徴の英会話スクールです。また、イギリス英語を中心に学ぶことができることでも有名で、在籍講師もイギリス英語を喋るネイティブ講師が中心です。講師の出身地はイギリス・オーストラリア・ニュージーランドが中心だそうです。

シェーン英会話無料体験レッスンの申し込み

シェーン英会話の無料体験レッスンにはどのようにして申し込めばいいのでしょうか?簡単に手順と流れを紹介します。

申し込みはこちらのリンクから申し込み、下記の2ステップを踏むだけで完了します。

  1. webフォームに必要事項(氏名・電話番号などの個人情報)を入力する
  2. 電話で、担当者と日時調整

webフォームに必要事項を入力するのに、3分もかかりませんでした。

また、後に電話をかけてくれた担当者の方もとても親切な方でした。自分の場合、電話はwebフォーム送信後1時間くらい電話がきましたが、webフォームを送信した時間帯によって電話のかかってくる時間は異なるみたいです。

電話のお姉さんによると、体験レッスンのは1時間程度かかるとのことでした。体験レッスンのそのものの時間は全部で20分で、その前後でカウンセリングがあるとのことでした。
ですから、無料体験レッスンの予定を決めるときは、そのくらいの時間の余裕を持たせましょう。

入会金半額の特典も!

webから無料体験レッスンを申し込むと、入会金が半額になるという特典があります。ですから、ぜひwebから申し込むことをお勧めします。大人だと通常入会料金21600円が半額の10800円に!また、学生さんに関しては入会料金1万6200円のところが3分の1の5400円になります。大変お得なキャンペーンですね!これはすぐにでも申し込むしかありません!

シェーン英会話無料体験レッスンに行ってみた

早速、シェーン英会話の無料体験レッスンに行ってきた時の感想を紹介します。

今回、私が無料体験レッスンを受けた校舎はシェーン英会話新宿本校。新宿駅西口から徒歩約5分の、新宿大ガード西交差点近くにある教室です。同ビルの一階にはスポーツショップが入っていました。交通アクセスが大変良い場所にあり、通勤・通学にとても便利そうです。すぐ目の前にはファミリーマートがあり、授業前にちょっとしたお菓子や飲み物を買うこともできます。

また、教室は清潔感があってアットホームな雰囲気。これならリラックスしながら授業が受けられそうです。教室に到着すると受付のお姉さんが、優しい笑顔で出迎えてくれました。

では、無料体験レッスンはどのように受けられるのでしょうか?

無料体験レッスンの流れを下記にまとめてみました。

無料体験レッスンの流れ

  1. アンケート用紙の記入&シェーン英会話スクールの簡単な説明
  2. 無料体験レッスン(ヒアリングもあり)
  3. 料金や入会後の流れについての簡単な説明

上記の3ステップでだいたい1時間強かかりました。ですので、そのくらいの時間を目処に当日はスケジュールを組みましょう。

では、各ステップでどのようなことをするのでしょうか?詳しい内容をまとめてみました。

1アンケート用紙の記入&シェーン英会話スクールの簡単な説明

アンケート用紙の記入

まず、アンケート用紙には英語学習の目的・現在の英語レベル・来校したきっかけを書きました。ここの時間を短縮するためにも、事前に英語学習の目的や現在の英語レベルを考えておきましょう。

シェーン英会話スクールの簡単な説明

次に、カウンセラーよりシェーン英会話スクールの簡単な説明がありました。

最初に料金体系に関する説明がありました。シェーン英会話スクールは月謝制なので、最初にまとまった大きなお金が必要ないそうです。確かに、4,50万の大金を用意するのは難しいですよね。しかし、やはり一括で払った方がお得になるそうです。

次に講師についてですが、イギリス英語を話すネイティブスピーカーを中心に採用しているそうです。ですから、イギリス英語を学びたい方にシェーン英会話スクールはぴったりとのことでした。何より、教室の扉にもイギリスの国旗が貼ってありますもんね。

2無料体験レッスン(ヒアリングもあり)

さあ、シェーン英会話スクールの簡単な説明を聞き終わったら個室に移動して授業の始まりです。

今回、私を担当してくれた先生はイギリス出身のジェームズ先生。高身長の、スーツがよく似あう爽やかイケメンです。まだ日本に来て3年とのことであまり日本語は喋れないようでしたが、現在勉強中だそうです。

また、授業をした個室はとても広くて静かでした。だから、とても集中して授業に取り組むことができました。

自己紹介と挨拶

まず、一番最初に簡単な挨拶(How are you doing?など)や自己紹介をしました。英語が苦手な方は、英語で簡単な挨拶や自己紹介ができるようにしておきましょう。自分の仕事や趣味について簡単に説明することができれば十分だと思います。

テキストブックを用いて模擬授業

次に、テキストブックを印刷した紙を用いて本格的な模擬授業が始まりました。

最初はひたすら絵と英単語を結びつけるレッスンを行いました。自分はこれを全問正解できましたので、上級の問題に進みました。doctorから想起される英単語を述べ、その理由を答えるというものです。自分はsmartやrich、wiredなどと答えました。なぜwiredなのかというと、医学部の友達に変人が多かったからです。笑 それを言ったら先生は笑ってくれました。

この模擬授業はおよそ20分間かかりました。他のスクールに比べると、少し短すぎるかなと感じました。

フィードバックとレベル判定

体験授業終了後に、先生が自分のレベルを判断してくれます。なんと先生は自分をUpper-Intermediate(準上級)と認定してくれました。自分は英語が出来なさすぎて外資企業をクビになっていたので、非常に驚きました。私をUpper-Intermediateと判断した理由は、文法が正確だからだそうです。また、質問に対してスピーディーに答えていた点も評価されました。

3料金や入会後の流れについての簡単な説明

体験授業が終わると、再びカウンセリングに入ります。そこで細かい料金体系システムや授業システムについて再度説明してもらいました。集団レッスンを受ける場合と、個人レッスンを受ける場合で制度や料金体系が少し異なるそうなのでそれぞれの何が異なるのかを下記にまとめました。

月の授業回数

個人レッスンの場合は、ひと月当たりの授業回数が固定されています。つまり、月4回のコースを選んだ場合は、絶対に月4回授業を受けることができます。一方で集団レッスンの場合はスクールのスケジュールによってひと月あたりの授業回数が変動します。例えば、週一回のコースを選んだとしても月3回のみのレッスンになる可能性もあるということです。

レッスン日の自由度

個人レッスンの方が、レッスン日の自由度が高くなります。何故ならば、都合が合わない人のためにレッスン受講日(曜日・時間)を毎回変えられる仕組みがあるからです。一方で集団レッスンの場合は、曜日・時間共に固定されてしまいます。例えば、月曜日18:00-19:15のレッスンを受けると決めたらずっとその曜日・時間帯にしか受けることができません。ですから、集団レッスンの方が少し不便かもしれません。

また、しつこく勧誘されることもなく、気持ちよく体験レッスンを終えることができました。
「分からないことがあれば何でも質問してください」とも言ってくれて、非常に親切でした。

シェーン英会話無料体験レッスンを受けてみた感想

「イギリス英語を学びたい人にとっては最高のスクールだな」と思いました。なぜならば、講師は全員イギリス英語のネイティブだからです。私はシェーン英会話の他にも、何スクールか無料体験に行ったのですがここまで多くのブリティッシュ・イングリッシュスピーカーを揃えているスクールはありませんでした。ですから、イギリス留学を考えている人や、どうしてもブリティッシュイングリッシュを学びたい人にとっては最高の環境が整っています。デメリットとしては、やはりアメリカ英語を学べない点です。アメリカ留学に行く人や、アメリカの企業に勤めようと考えている人は、他のスクールに通うことをお勧めします。

シェーン英会話の口コミ・評判

シェーン英会話の良い口コミ・評判

では、シェーン英会話の良い口コミ・評判を見てみましょう。

1月に1回、振替授業を受講できる

もしいけなくなってしまった日があっても、月に1度まで、振替で他のクラスの授業を受けることが出来たので、それは良かったと思います。立地もよく、講師の方々、受付の方々もみんなとても親切なので、通いやすかったです。
(女性 / 20代後半 / 2018年頃から / 上級)

集団授業の欠点として、一度授業を休むとついていけなくなるということがあります。しかし、振替授業が用意されていれば周りの生徒に遅れてしまうことがありませんね。

2昼間のコースは経済的にお得!

昼間のコースは、夜よりも経済的にお得!!生徒数は、クラスによって多くても、内容は、夜に比べてそれほど変わらないです。入学時には、ビギナーから上級まで、一人ひとりの英語レベルにあったクラスを紹介してくれます。

昼間のコースは夜に比べて安いそうです!そのため、昼間に自分の時間を取りやすい主婦に人気だそうです。

3先生とスタッフがフレンドリー

自分に合ったレベルで、勉強できること。先生が毎回宿題を出してくれて、次週に答え合わせをしてくれる。教材が面白く、授業が実践的な英会話ができる。先生とスタッフがフレンドリーで、聞きやすい。昼間のコースは、人数が少し多いものの、費用が安くて経済的。出席ごとにポイントがたまって、ほかのレッスンに利用できるのが嬉しい。昼間のコースは、お得感があります。        (女性 / 30代後半/ 2013年頃から / 中上級)

シェーン英会話の口コミで多かったのが、先生とスタッフがフレンドリーということ。気さくで話しかけやすい先生なら、質問も気軽にできますね。また、この方も昼間のレッスンは授業料がお得ということに触れています。

4厳選された英国人講師中心のスクール

おかしな発音はすぐに直してくれる。英国人中心の学校なので、発音がきれいで聞き取りやすい。すぐに私の発音を直してくれて、とても良い体験をしました。しかもしつこくTHの発音が違う、と何度も一緒に練習してくれて、ああここはいいかもと思いました。この教室は、5人、先生がいますが、すべてイギリス出身でした。本当に厳選しているのだと実感しました。

シェーン英会話は、英国人講師を中心に雇っています。ですから、綺麗なブリティッシュイングリッシュを身につけることができますよ。

シェーン英会話の悪い口コミ・評判

では、シェーン英会話の悪い口コミ・評判も見ていきましょう。

1グループレッスンに、足を引っ張る子が、、

グループレッスンの場合、レベルの低い方と一緒になってしまうとその方にすごく時間をとられてしまうのが残念でした。私ももっと発言したいのですが、話しがぜんぜん先に進まず気がつくと終了。もっと時間を有効に使いたかったです。(女性 / 20代後半 / 2007年頃から / 初中級

集団授業の欠点の1つに、「自分のペース・レベルに合わせて授業を進められない」というものがあります。この方の場合は、運悪く足を引っ張る生徒さんと同じクラスになってしまったそうです。これは自分では対処のしようがないので、どうしようもないですね。

2先生やレッスンの数が少ない

先生やレッスン数が少ないのが少しネックでした。先生を変えたいため相談しましたが、他の曜日のレッスンが空いていなかったため変更が出来ませんでした。(女性 / 20代後半 / 2011年頃から / 中級)

これも教室によると思いますが、小規模の教室だと先生やレッスン数が少なく、フレキシブルにレッスンを受けられないということがあります。

3クラスメイトのレベルがバラバラ

一時間の授業なのに雑談や何も返事しない人、じっと考える人のために待つ時間に大切な時間がとられる。レベルを合わせているといわれたが、レベルの違いが有り。

「早く言ってよ!」と待つのでイライラする。文法とか書く方は自分でも学べるが<喋る>事が少ないので<英会話教室>で喋りたい           (男性 / 2008年頃から / 中級)

集団授業において、各人のレベルがバラバラだとどうしても授業のレベルが下がってしまいます。何故ならば、一番レベルの低い生徒に合わせられてしまうからです。そういう場合は、クラスのレベルを上げてもらうようスタッフに頼んだ方が良いかもしれませんね。

シェーン英会話のオススメポイント5選

1イギリス英語を中心に学べる

他の多くのスクールがアメリカ英語を中心に教えている中、シェーン英会話スクールはイギリス英語を中心に教えています。ですから、クイーンズイングリッシュを学びたい方やイギリス留学を考えている方、仕事でイギリス人と多く接する方はシェーン英会話スクールがオススメです。
イギリス英語は想像以上にアメリカ英語と異なります。ですから、イギリス英語の発音をたくさん聞いて慣れることも可能ですよ。

2レベルの高い講師陣

シェーン英会話スクールは講師のレベルが高いことで有名です。具体的にどういうことかというと、英語指導の国際資格を取得している講師が多いようです。例えば、CELTAl等の資格を多くの講師がを所持しているようです。CELTAとはイギリスのケンブリッジ大学教育機関(The Cambridge University ESOL)が認めている、英語指導者の資格です。世界中で英語教師の採用条件として、認知されている難関資格です。ネイティブイングリッシュスピーカーでも、落とされることがあるくらい難関なんだとか。レベルの高い講師のもとで切磋琢磨したいと考えている方にはシェーン英会話スクールはぴったりですね。

3月謝制

月謝制の一番大きなメリットは、まとまった大きな金額の用意が不要な点です。一般的な英会話スクールは月謝制を取っていないことが多いので、4-50万という大金を一度に用意する必要があります。しかし、そんな大金を一度に用意できる方は少ないのではないでしょうか?月謝制を取っているシェーン英会話スクールならその心配はいりません。

4平日昼間コースは授業料が安い

平日昼間コースは、夜間に比べて授業が約半額になります。ですから平日昼間に時間の余裕がある方は、お手頃価格で高品質なレッスンが受けられますよ。

5丁寧で専門的なカウンセリング

親切なカウンセラーによる、英語学習指導を受けることができます。英語学習で行き詰まった時に、相談に乗れる相手がいると心強いですよね。自分が不安に思っていることを人に話すだけでも気持ちが楽になりますよ。このような相談相手がいれば、英語学習も長続きしそうですね。

シェーン英会話と他のスクールとの違い

1イギリス英語が中心であること

やはり、一番の大きな違いは講師のほとんどがイギリス英語を話すということです。これは、逆に言えばアメリカ英語を話す講師は少ないということです。この点に注意して、自分がアメリカ英語とイギリス英語どちらを学びたいのかを意識しましょう。

2講師のレベルが高いこと

英語指導の国際資格を取得している講師が多く、授業のレベルが高いです。全講師、CELTAというネイティブでも落とされてしまう難関資格を取得しているそうです。CELTAを取得するためには1ヶ月間専門コースを受けて、難しいテストや課題をこなす必要があるそうですよ。

3アットホームでフレンドリーな雰囲気

スッタフが他のスクールよりフレンドリーという口コミが多数ありました。また、私自身無料体験に通ってスッタフに「親しみやすいな」という印象を受けました。ですから、アットホームな雰囲気の中、フレンドリーなスタッフに囲まれて授業を受けたいという方にオススメです。

シェーン英会話はこんな人が受講すべき

今までシェーン英会話スクールの様々な特徴を紹介しました。では、実際どのような人にシェーン英会話スクールは向いているのでしょうか?シェーン英会話スクールに通うべき人の特徴をまとめてみました。

1イギリス留学を考えている人

シェーン英会話スクールはイギリス留学を考えている人にオススメです。なぜならば、講師がほぼ全員イギリス英語を喋るからです。ですから、イギリス留学に行く前にイギリス英語に慣れておきたいという方やクイーンズイングリッシュを学ぶことにこだわりのある方にシェーン英会話スクールはぴったりです。また、オーストラリアやニュージーランド留学を考えている人にもオススメです。
なぜならば、これらの国はどちらかといえばイギリス英語よりの英語を話すからです。

2主婦・シニア層の方

平日の昼間に時間的余裕のある主婦にオススメです。何故ならば、授業料が平日昼間の集団コースは格段とやすいからです。どのくらい安いのかというと、夜間コースの半額になります。

3IELTSテスト対策をしたい人

しかし、シェーン英会話スクールにはIELTSテスト対策講座があります。だから、IELTS受験を考えていてる方にオススメです。ちなみにIELTSとは年間140万人が受験する世界的に認められた英語運用能力試験です。海外大学・大学院に留学する際や、海外移住する際に必要となる資格となっています。日本ではまだまだIELTSはマイナーなので、この対策講座を受けられるスクールはまだまだ少ないのが現状です。

イギリス英語とアメリカ英語、どっちを学ぶべき?

ここまでシェーン英会話スクールがイギリス英語を学びたい人向けスクールであることを紹介してきました。しかし、そもそもイギリス英語とアメリカ英語どちらを学べばいいのでしょうか?簡単に違いをまとめてみました。

イギリス英語とアメリカ英語の違いは?

1. 話されている国

イギリス

イギリス、アイルランド、オーストラリア、ニュージーランド、インド、シンガポール、マレーシア、香港、南アフリカ、西アフリカ、マルタ

アメリカ

アメリカ、カナダ、プエルトリコ、リベリア、フィリピン

2. 発音

イギリス

イギリス英語はRを強く発音しない代わりに、Tを強く発音します。
例えば、carのrは省略される傾向にあります。

アメリカ

アメリカ英語はその逆でTを強く発音しない代わりに、Rを強く発音します。
waterのtはほぼrに近い発音となります。

3. 文法

イギリス

一言で言えば、イギリス英語は上品と言われています。イギリス英語は丁寧で、文語調の英語を好むそうでうす。

アメリカ

アメリカ英語はよりフランクであると言われています。何故ならば、省略形の表現を好むからです。例えば、want toはwannaになります。

結局、どちらを学べばいいの?

結論から言うと、あなたがこれから行く予定の国によります。(仕事で使う場合は、イギリス人とアメリカ人どっちと接する機会が多いか)イギリス英語を話す国に行く人はイギリス英語を学べばいいし、アメリカ英語を話す国に行く人はアメリカ英語を学ぶべきです。何故ならば、そうすることで現地に行ったと時にギャップを感じることがないからです。

シェーン英会話の無料体験レッスンの申し込みはこちらから

ここまで、シェーン英会話スクールの紹介や体験レッスンの感想、口コミ等を紹介しました。しかし、こういった口コミや体験談を鵜呑みにせずに、自分の足で無料体験レッスンに足を運んでみることが大切です。何故ならば、同じ会社の運営するスクールでも、校舎によって特色が違うことがあるからです。例えば、私が無料体験レッスンに行った新宿本校はアットホームな雰囲気でしたが、あなたが体験レッスンに行く校舎はそうじゃないかもしれません。ですから、ぜひ自分で体験レッスンに足を運んでみることをお勧めします。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事